長期休みの滞在におすすめの別荘

日本国内の別荘は、栃木県の那須・静岡県の伊豆・山梨県の富士山麓や八ヶ岳山麓といったエリアに多く点在していますが、夏や冬といった長期休みシーズンに滞在すると様々な事を満喫する事が出来ます。

夏の別荘での楽しみ方

夏の別荘地は、避暑地としての機能を有している事から、高原地帯の別荘地近辺ではゴルフ・トレッキング・サイクリング・野菜作りなどをして過ごせます。敷地の広い庭付き別荘地を購入した場合は、有人や近隣住民を誘ってバーベキューを開催すれば絆を深める事が出来ます。そして、空気の良い高原地帯は、日中と夜の寒暖差がある地域で、糖度の高い野菜が取れるメリットがあり、トマト・ナス・キュウリなどを作ってみると良いでしょう。

冬はどうやって過ごすのがおすすめか

冬の別荘地帯は寒くなる事が多く、ウインタースポーツが盛んな地域になっているので、スキー場が立地している事があります。冬の寒さが気にならない場合は、スキー場のリフトが1シーズン乗り放題になるシーズン券を発売しているケースも一部である事から、有効活用してお得に冬を楽しむのがおすすめです。

冬季の暖房対策をしっかり行っておく

冬の高原地帯は、1月や2月になると氷点下10度や15度といった最低気温になる事も不思議ではありません。吹き抜けの多い別荘は、暖房対策を入念に行っておく事が大切であり、強出力の暖房器具をリビング・茶の間に設置して使うと短時間で部屋が温まります。なお、薪ストーブを持っている場合は、着火機能を高めるために数年前から薪を準備しておく必要がある点に注意して使うようにしましょう。

八ヶ岳は山梨県と長野県に跨る山塊のことで、避暑地として知られています。そのため八ヶ岳の別荘は、緑に囲まれているところが多く、四季折々の景色を楽しむことができます。