住宅ローンでどこまでカバーできる?

住宅ローンを使えば注文住宅は簡単に建てられるのではないかと思うかもしれません。しかし、実際には自己資金がかなりないと注文住宅を建てられないこともあるので注意しましょう。借りたお金をどのような範囲で使えるかは知っておくのがまず大切です。基本的に住宅ローンでカバーしてもらえるのは土地の購入費用と建物の建築費用の二つだけで、それ以外にかかる費用については現金で用意しておかなければなりません。特に注意が必要なのが外構工事で、外構工事は住宅ローンの適用外というのが基本となっています。外にウッドデッキを作ったり、バーベキュー用の庭を整えたりしようとしても住宅ローンを使うことはできないのです。

頭金や諸費用も必要なので注意しよう

住宅ローンで注文住宅を建てるときにフルローンに対応してもらえれば現金なしで少なくとも土地と建物は手に入ると思うかもしれません。しかし、フルローンで対応してくれる銀行は少なく、一般的には二割くらいの頭金を準備して欲しいと言われることになります。また、諸費用については住宅ローンでカバーできないので現金で用意しなければなりません。土地を仲介で手に入れたときには仲介手数料を支払うことになります。また、登記手続きに関しては購入者が行うことになり、建てた住宅についても投棄しなければなりません。そのための登記費用や司法書士報酬などもかかるのです。さらに不動産取得税や印紙税などの税金もかかることを念頭に置いて資金を準備しておきましょう。

名古屋の注文住宅は、都市部から郊外まで様々な立地を選択でき、二世帯住宅やバリアフリー住宅など自由度が高い設計を希望する人に人気があります。