庭ってそもそも必要なの?

注文住宅では庭を自由に作ることもできますが、あった方が良いのか迷いどころではないでしょうか。庭があるとどんなメリットがあるのかと言えば、ガーデニングや子供の遊び場、バーベキューなどを庭先で行うことが可能となります。後からですとスペースを作ることは難しいため、設計段階でしっかりと組み込んでおかなければいけません。ただ、こういった用途に使う予定がなければ無用の長物にもなりかねませんよね。ガーデニングはやらない、子供は公園などで遊ぶ、住宅密集地ではバーベキューをしにくいなど、庭がなくても困らないことがあるのも事実です。むしろ、庭を作ることによって住居スペースが狭くなる可能性がありますので、必要性を感じない場合は、無理に作らないという選択肢もアリと言えそうです。

駐車場の広さはどうしよう?

駐車場の広さで悩むのも住宅設計でありがちです。これは各自の車との関係性によるところが大きいために、一様にはいかないのですが、生活に車が欠かせない暮らしならば、ゆとりのあるスペースを持っておくのが無難と言えるでしょう。最低でも、所有する車の台数以上はないと不便は出てきますし、来客がある時にも停める場所がないと困るはずです。それに、今は良くても介護の必要性が出てきた時に、デイサービスなどの車が停められないと不都合にもなり得ます。スペースの取り方にしても、余裕がある広さの方が車の取り回しが簡単です。

ギリギリですと駐車にテクニックが求められ、車を買い替えた時にも停められなくなる可能性があります。もっとゆとりのスペースを作れば良かったと、後悔をするオーナーもいるようですので、これから建てる人は十二分に考えてから決断を下したいところです。

せっかくの一生に一度の買い物です。横浜の注文住宅を探すなら、とことん自分たちの理想を伝えられる、納得のいくまで意見を反映してもらえる、そんな業者と出会いたいものです。